ご挨拶

名古屋港を「世界に発信する次世代港湾へ」

 「船社・港運・陸運」 三業種の連携で更なる進化。
 そして、アジアを代表するコンテナターミナルへ!

 弊社は、阪神淡路大震災における港湾機能の脆弱性に
対する危機意識を背景に、船社・港運・陸運の三業種が
連携し、2003年7月に設立されました。その後、スーパー中枢港湾の名古屋港モデルバースとして、地域産業・経済の発展をミッションに2005年12月に開業いたしました。

 様々な耐震設備に加え、日本で初めて自働化を実現した高規格コンテナターミナルとしてこれまで進化を続けてまいりました。

 単に、人がやっていた仕事を機械化するだけの自動化ではなく、安全で働く人にやさしく、働く人達が、知恵をだし、流した汗の結果を改善という形で実現し、やりがいを持って進化し続けることのできる“にんべん”のついた自働化を追及してまいりました。

 関係者皆様の努力の結果、開業以来大きな事故もなく、設備の可動率も使用者の皆様に信頼いただけるレベルを確保できるようになりました。これまでの間、知恵をだし、汗を流していただいた関係者の皆様、また、温かい目で見守りご支援いただいたお客様、港湾関係の皆様、地元の皆様に心より感謝申し上げます。

 激しく変動する世界経済、資源・環境・安全保障問題、海外港の圧倒的な競争力、我々日本の港を取り巻く環境はますます厳しく、これからも生き残りをかけた競争が求められます。今に満足をして立ち止まることなく、謙虚に、そして勇気をもって、名古屋港、さらには日本の港の発展のために、飛島コンテナ埠頭株式会社は、進化を
続けてまいります。これからも、よろしくお願いいたします。

Copyright© 2005-2015 TOBISHIMA CONTAINER BERTH Co., Ltd. All Rights Reserved.